スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツツアー参加者追加募集します。

こんにちは。すっかり涼しくなり今日は肌寒いくらいです。
さて、オーケストラの皆さまには、ドイツツアーのより充実に向けていろいろとお声がけをしていただきましてありがとうございます。おかげさまで、演奏者、そしてギャラリー(同行者)を含めてあと10名の枠を残すところとなっております。

今回のツアーは演奏メンバーの皆さんにとってはアーレンスブルグでの4泊のホームステイはじめ、歴史あるウルヘタ修道院ホールや、ウーリッヒ教会、音楽学校のホールなどでの4回のコンサート、ハレでは、アメリカ、ドイツのユース(ユーゲント)オーケストラとのワークショップとコンサートや交流会などもあり、魅力満載です
また、もちろんギャラリー参加の皆様もどのコンサートも観覧できますし、オケがリハ中は散策やショッピングなど自由時間を楽しんでいただけます。

参加者全員のプランとしては、ベルニゲローデやリューベックなどの世界遺産も訪問いたします。また時間があれば本家本元のスタインウェイの工房を見学することも出来ます。

そして、新しいプランでは、なんと、かのマルティンルターで有名なハンブルクの聖ミヒャエル教会での演奏が実現出来そうなんです
そして、さらに素晴らしいことには、ライプチヒ滞在中には、世界最古のオーケストラ、「ゲバントハウスオーケストラ」のマタイ受難曲!!!の演奏鑑賞が可能になりました。これはすごいビッグチャーンスです。
一番お安いシートで20€。
良い席だったら52€が最高です。
希望を取って、チケットを購入しますので、申し込んでくださいね!
指揮者はもちろん、リッカルド・シャイー氏です。

一般的なドイツツアーではゲバントハウスが聴けるだけでも素晴らしいのに、数々のわくわくするようなプランには期待が膨らみます。
ハレユースオーケストラミーティング3日間以外はオーダーメイドしているので、あれやこれやと要望を出していき、固まってきたという状況です。

ベルリンやザクセンやウィーン見学も可能ではありましたが、それは将来でも観光旅行として行ける可能性が高いところなので、今回は、「多摩ユース企画」ならではのツアーとなるようにと今村先生、垣沼さん(エージェントの)とご相談しました。

演奏者のみならず一般の方々がご参加されても、かなりの充実度ですので、「ドイツに行ってみたいな」と思っておられる方には、ほんとうにドイツ的な数々に触れることの出来るこのツアーは価値ある11日間だと思います。

今これを読んで、「いいなあ!」と思ったあなた、
そしてみんなのお知り合いの皆様方のご参加をお待ちいたしております。既に参加する方々のお知り合いを誘ってみてくださいね。
金管奏者、Wリード演奏者の方のご参加もお待ちしていまーす。

お問合せ:042-371-1558
右上のメールフォームに記入されますと管理人に届きますので、メールでもお問合せいただけます。今すぐどうぞ~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

たまゆーすけ

Author:たまゆーすけ
●多摩ユースオーケストラです!

*問合せや入団申込はメールでどうぞ♪
メールはこちらからどうぞ

ホームページはこちら
です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
占い
カテゴリー
アナログ時計

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。