スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清塚信也さんのピアノ

3/1 ショパンのお誕生日

今日はショパンのお誕生日と言うことで、ショパンを聞けるピアノコンサートを見つけて聴きに行きました。
見つけたコンサートはなんと午前10時開演!!(午前ですよ)はやっ!
会場は海老名の市民ホール
朝8時台の小田急線に乗って行ってきました。
ピアニストは「清塚信也さん」と言うかたで、初めて聞くピアニストです。
こんな朝早くからお客様は来るのかしら?と見ていると、結構ホールは埋まっていました。

清塚さんは、多摩ユースでもおなじみの泊真美子さんと一緒に「2005ショパンコンクール」にご出演され、2次予選まで進まれた方なので、その実力は定評のあるものなのでしょう。

開演すると、清塚さんが、上品な笑みを湛えて静かにご登場されました。
その瞬間!に彼が優雅で爽やか!容姿端麗でいらっしゃることにびっくり!
早起きしてコンサートに来た甲斐がありました!
(まだ演奏は聴いてないけどソー思いました) 

さて息を飲み(自分が)、最初に清塚信也さまはモーツァルトのソナタを演奏されました。
弾き始めは普通のモーツアルトの印象でしたが、2楽章で音が少し変わってきたように思い、3楽章では光を感じました。全体を良くまとめられ、終わってみると存在感のあるモーツァルトを好演され感心しました。
見た目の印象も大きいとはいえ心洗われるViva!モーツァルトでした。
続いてベートーヴェンのソナタ「熱情」です。確実性と重厚感が手に取るようにわかるタッチで感激です。休憩後にはお得意のショパンのノクターン、そしてラヴェル、最後にラフマニノフと盛りだくさんの演奏をご披露されました。どれも清塚さまのフィロソフィーが伝わり心に響く心地よい演奏だったと思います。
アンコールには彼のオリジナル「祈り」と即興演奏もあり会場はさらに盛り上がりました。
(聴衆ひとりひとりが満足されていたように見えてそのようにかんじたわけです・・
プログラム構成もさることながら、さすがに素晴らしい技術と感性を持って聴く人の心をとりこにする演奏をされ、彼のピアノに対する真剣で真摯な取り組みと将来性を大いに感じました。
みなさんもぜひ一度お聴きになってみてくださいね。
きっと、応援したくなりますよ。

清塚さまは6/7に杉並公会堂小ホール(18:30開演)にご登場され、1時間ほど演奏とトークをされるそうです。
【杉並公会堂 清塚信也さん演奏とトーク詳細はこちら】だそうです。
また聴きに行きたいです!予約しなくては!



テーマ : 気になるアーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

私も3月1日に、初めて清塚信也さんのコンサートに行きました。
普段 何気なく聞いていた曲が、清塚さんの演奏によって
「こんなに良い曲だったなんて・・・」
と新しい発見!があり、自分で驚いちゃいました。
アンコール曲も、素敵でしたね。
今、清塚さんのHPで流れてますので、ぜひ皆様も聴いてみて下さい!
おすすめです♪
http://www.raise-one.jp
フリーエリア
プロフィール

たまゆーすけ

Author:たまゆーすけ
●多摩ユースオーケストラです!

*問合せや入団申込はメールでどうぞ♪
メールはこちらからどうぞ

ホームページはこちら
です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
占い
カテゴリー
アナログ時計

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。