スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェコ紀行

2005/11/22

エルデーディチェコ紀行』
東京文化会館小ホール
19:00開演

チェコ国民楽派を代表するスメタナ、ヤナーチェク、ドヴォルジャークのクァルテットを聴いた。

スメタナ第2番
聴覚障害ではベートーヴェンを思いだすがスメタナも耳の病に冒されていた。この2番を作曲するときには既に耳鳴りがひどく、曲の最後の方のヴァイオリンの鋭いフラジオレットはこの耳鳴りを表現しているといわれている。
ほんとうに病魔との苦闘が曲のさまざまな部分で感じ取れ悲痛な精神状態を即興的に書き連ねた作品でした。
エルデーディの演奏はもう数回聴いているが、このような曲想にとても相応しい音色で時には金属的な響きにさえ聞こえてきて、相変わらず、研究が行き届いた演奏で、ただただ感心してしまう。

続くヤナーチェク、ドヴォルジャークのボヘミアそして東洋的な雰囲気の民族音楽が深く根付き、とっても親近感をもって聴くことができた。

ボヘミアへの自然、民族、望郷などの愛に包まれてほんとうに大好きな作品である。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

たまゆーすけ

Author:たまゆーすけ
●多摩ユースオーケストラです!

*問合せや入団申込はメールでどうぞ♪
メールはこちらからどうぞ

ホームページはこちら
です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
占い
カテゴリー
アナログ時計

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。