スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふつうじゃない雪の定期練習 その2

<前回からの続きです・・>
2月9日 
春節でにぎわう横浜の中華街で点心と
あったかで薫り高い紹興酒をいただき
いよいよ 紅葉坂 県立音楽堂へ向う。

・・・小雨ではあるが雪ではない。ホっ
今日は、多摩ユースオーケストラの定期練習日であるが
雪も降っていないので、予定どおり粛々と練習が始まる頃・・
と、考えながら、前から2列目のソリストの目の前と
いう大胆な席に着席し
いよいよ チェリスト谷口楽典氏のご登場を待つ。

キラリーンと光沢のタキシード
カマーベルトにエンジのチーフ
ピカピカのステージ靴で颯爽とご入場。
オーケストラによる有名な冒頭のメロディーが奏でられ、
ついにコンツェルトが始まる。会場は一瞬に
豊かに響くチェロの音色と、超絶技巧に魅了される。
木管楽器の響に聞き入っていると、包み込むように
深くまろやかで、そして、谷口哲学に溢れる音楽と
チェロの響が浮上し、オケと融合する醍醐味が素晴らしい
2楽章も堪能し(多摩ユースの演奏も思い出しながら)、続く
圧巻の3楽章も熱狂と理性が織り成す独特のドヴォルザークで
たいへん素晴らしい演奏であった
演奏後、ソリストは笑顔で、そして、こちらに視線をむけ(たように思った)
また、さわやかに、ステージを去って行った。感銘しました。
谷口先生お疲れ様でした~。

終演後、席を立った瞬間に
多摩ユース練習に参加しているKディレクターから電話が入る
 『多摩は大雪でかなりの積雪です。大変なことになってます
横浜からの交通機関も危ないですよ

『え~、ほんとですか!練習はどうなりましたか?
みんなは無事ですか?遭難してませんか?大丈夫ですか!!!』

『練習は既に切り上げて、皆さん、帰りました!』
・・・最善のご判断に感謝しながら、
しかし、うろたえながらもどうすることもできず・・・
冷たい紅葉坂をくだり、不安を抱えながら急いで帰路に着く。
長い横浜線。やっと多摩センターに到着すると、あたりは銀世界。
本当に遭難しそうなくらいの積雪でびっくり。

横浜も都心も雪は全然積もってなくて、でも多摩には
不思議なくらいたくさん雪が降った2月9日の5時から9時だったのだ。

留守をすると必ずイレギュラーになるなあ・・・
でも、みんな無事で良かった。白谷先生、皆さま ありがとございました。
&谷口先生、おつかれさまでした・。

この日の話しはまだ続く・・・




テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

たまゆーすけ

Author:たまゆーすけ
●多摩ユースオーケストラです!

*問合せや入団申込はメールでどうぞ♪
メールはこちらからどうぞ

ホームページはこちら
です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
占い
カテゴリー
アナログ時計

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。