スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェロ王子 <イギリス館コンサート>

2007 9月24日(月曜日)

先週月曜日の多摩ユース定期演奏会の感動余韻もさめやらぬ、一週間後の24日、再び、みなとみらい線に乗車して、横浜にやって来ました。

目指すは、港の見える丘公園内「イギリス館」。
元町でのショッピングも中華街での大好物「ゴマだんご」も我慢して、イギリス総領事公邸であったイギリス館に駆けつける。

目的は「チェロ王子作曲家でピアニストの中山ショパン氏のコンサート」。
60ほどの客席はほぼ満席。
比較的妙齢の方が多く、観察すると王子派とショパン派に分かれているようにも見える。どうやら、NHK文化講座の講師中山ショパン氏の生徒さんたち=ショパン氏の熱いファンのようだ。

着席すると、「どちらのご関係?」と、いきなり隣の妙齢のご婦人グループの一人から声を掛けられる。「あ、あの、このチェロの谷口さんのファンなんです。あ、でも、中山さんとのコンサートは3回目ですぅ・・」「あたしたち、中山先生の生徒なのよぉ」と上品に瞳を輝せてプチ自慢げに嬉しそう。
「あ、どうも、す、すみません・・
もうこれ以上は中山さんのことは話せないかも・・。

盛大な拍手でお二人がご登場。
王子は、タキシード。カマー、蝶ネクタイ、胸ポケットチーフをすべて濃い臙脂(エンジ)でバッチリ決めて、いつもながらの爽やかさが溢れ。
一方、先生は、普通のスーツ姿で「中山ショパンです。」とごあいさつされ、先手必勝の笑いを取り、コンサート冒頭から、聴衆をぐいっと惹きつける。

続きを読む

スポンサーサイト

みなとみらい夜景とレセプション風景

レセプション風景より

「9月17日の定期演奏会 お疲れさまでした~。」とたくましいレーコパパの乾杯で、レセプションが始まりました。
会場はみなとみらいホール6階のレセプションルーム。
ロケーションもよく、ベイビューが素晴らしい!
レセプションでは、定期演奏会でのメンバーズの素晴らしい活躍について先生方からご高評やお褒めのお言葉を頂き、次のステージへ希望と意欲を繋いでいきます。
華やかにたくさんの拍手やブラボーを頂いた後のこのタイミングのメンバーズの気持ちは、毎回、心地よい興奮と感動と嬉しさがいっぱいです。
特筆すべきは、このレセプションをコーディネイトしてくださる保護者の皆さまの温かさです!気持ちのこもったセッティングに皆、感激!

マエストロのスピーチに続き、センス抜群MCマミママの「それでは、次に石田さんの貴重な肉声をいただきたいと思います!」のご案内があり、ゲストの石田さんからも温かなメッセージをいただきました。
前回のブルッフ共演のときのレセプションでは「練習は裏切らない。」という名言を残してくださった石田さん、今回は、何を言ってくださるのかと、ステージと同じくらい集中して、みんな、石田さんを取り囲み耳を傾けました・・・
貴重なスピーチありがとございました。
最後の一言は「みなさん、長生きしてください!・・・」という名言でした(爆)
先生方からの心温まるメッセージが続き、
MCスミスミの名司会で和やかに盛り上がって、次は
紳士的個性派の面々「パパス!」のトークです。
お一人お一人のお言葉がステキで素晴らしく、ああ、いいなあ・・ユースって、こんなステキなパパズに見守られてと、感無量。

小中学生ボーイズのチャールダッシュの軽快な演奏
そして、高校生・大学生チームのジャズ演奏 (これはノリノリだったりずっこけたりと、将来に期待されるライブでした)が繰り広げられて、会もクライマックスです。

気がつくと、外はすっかり暗くなって、レセプションルームのオープンウインドウ一面に、夜景が浮かび上がっています。

ワイワイと夜景を見ながら、今日のステージのことやこれまでの練習のことや、夏の河口湖キキャンプ、そして春のドイツツアーを思い出しました。
メンバーズ一人ひとりの笑顔や演奏中の真剣な表情が浮かんできます。どの場面でも、メンバーズは常に一生懸命に音楽と向き合って演奏していました。
楽しくて楽しくて、感動いっぱいの多摩ユース、主役はこのメンバーズです!
マエストロ初め先生方や、ママズパパス、ステキなOB、OGのみんな、そしていっぱいの拍手をくださるお客様、ほんとうに今日はありがとうございました。

新たな出発と希望を願いステージマネージャーヒゲ熊氏の一本〆で、いよいよ終演です。

地球貢献する多摩ユースのメンバーズの皆さん、将来、今日のモーツァルトやベートーヴェンの曲目を聴いたり演奏したりするときには、今日の素晴らしい音色と響の演奏を思い出してみると、また、そのときには、素晴らしい音楽と出会えることでしょう!

ひとまず、定期演奏会レポートはこれで終わります。
多摩ユースはつづく・・・
20070924095728.jpg papas1.jpg 3.jpg papasa2.jpg 7.jpg 5.jpg

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

多摩ユースと石田泰尚さんのベートーヴェン

多摩ユースオーケストラ第11回定期公演
横浜みなとみらいホール

後半の演奏は、ヴァイオリニスト石田泰尚さんとのベートーヴェンコンツェルトです。
多摩ユースと石田さんとは1997年に初共演。本公演は4回目のジョイントです。
練習を重ねいよいよ待望の本番です。

コンサートミストレスのワダちゃん(高2)が、封印された石田さまの楽屋をノックし
「(ドキドキッ!)コンミスのワダです。宜しくお願いしますっ」とごあいさつ。
石田さんは、穏やかな笑顔で応えてくださり、
戻ってきた彼女は「うわあww~、いい人だぁ、いい人で良かったぁ~」と、まず最初の緊張をクリアして、メンバーズとともにステージへ。

お客様、メンバーズ、マエストロ、スタッフ・・ホールに身を置く、すべての人の時間が止まった瞬間に、風のように、石田さんがステージに舞い降りました。
空気が澄み、全楽章を通して重要な動機である冒頭の  のティンパニソロがひびき渡り、いよいよ長大なコンツェルトが始まりました。

88小節のオケに導かれてのソロは、一オクターブで3度ずつ上がっていく、というとても緊張感の高い始まり。これまでに聞いたことのある他の方の演奏では、こわごわ感が伝わってくるものさえあったが、
石田さんのこの始まりの上昇は、見事なまでに完璧(以降はもっと完璧でした・・)!
これで、この壮大な協奏曲の成功を確信できたほどでした。

1楽章 全合奏(展開部tutti)の部分を一緒に弾いてくださっているようすには、メンバーズを見守ってくださる石田さんの優しく温かなハートが胸に熱く響き、なんともいえない幸福な気分になりました。
コーダのカデンツァも ホールいっぱいに響き渡り、そして、華やかなカデンツァの後、石田さんが奏でられた第二主題 dolceは、キラキラと輝きながら細ーい一本のシルクの糸が途切れることなく、天昇していくような崇高さに溢れ、・・・泣けました。泣きました。
ホールにいる全員が一音も聞き逃したくない!という思いで耳を澄まして聴くので、どんどん会場全部が研ぎ澄まされ、しーーーんとした張り詰めた空気になりました。(これはアンコールのハーモニックスのときにも、再現され泣かされる
こんなにも、心の奥に響く音楽をこの空間に生み出していくこの方はいったいどんな人なんだろう?、人ではないのではないか?神様? 
ああ、『石田さま』でしかありえないですね。

高揚したまま透明感の2楽章、オケのプツィカートも上手くいき、
そして3楽章のロンドへと続く。
この3楽章のリズムについて、練習で、マエストロから0.618の黄金分割のお話をお聞きしたせいもあるのか、とても気持ち良くすっと身体に浸み込むような印象を受けた。
そんなことを考えているうちに、いよいよ、クライマックスのカデンツァ。
まさに、圧巻です。息を飲み、息を止め、聴き入りました。

オケのメンバーズも応えて、燦然とこの曲のクライマックスを築き上げて、長大でありヴァイオリンコンツェルトの王者であるベートーヴェンのこの曲を豪華に、締めくくった。

アンコールに、石田さんは、ソロで「ロンドンデリーエア」を演奏してくださいました。
会場にいたすべての人々の気持ちが浄化されたであろうと思うほど研ぎ澄まされた演奏でした。
・・・そして、また、風のように、去っていかれました。

演奏を終え、拍手をいっぱい頂いて、メンバーズが袖に戻ってきました。
コンミスのワダちゃんは、感動、感極まって泣いています。
つられてみんなも熱い涙目に・・。
メンバーズのこれまでの練習の成果と集中力と努力・・など、いろんなものが実を結び、喜びにあふれ、これからの糧になる貴重な演奏が出来ましたね。
石田さん、マエストロ、お聞きくださった皆さま、裏方の方々に深く感謝いたします。
ありがとうございました

4部作、ここまでお読みくださりありがとございました
さらに マエストロと石田さんの貴重なスピーチを頂いたレセプションレポートに続く・・・





テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

多摩ユースオーケストラ横浜公演その3

多摩ユース21回公演<第11回定期演奏会>

いよいよ開演。メンバーズが拍手に送られ、そしてお客様の拍手に迎えられ、
背筋を伸ばしてしっかりと前を向いて、
心強いチームワークにややリラックスしつつ、
「タカタカタカタカ/Presto」とリズムを軽く口ずさみながら
ステージに入場していく。

全員が着席したところで、コンサートマスターのO君(高2)入場。
 初コンマス!のO君が堂々と
チューニングを済ませたところでマエストロご登場

序曲「後宮からの逃走」は、モーツァルトがウィーンで流行したトルコ風の効果を使用し、
ウィーンで、あてて、名を挙げ、大儲けしようという思惑で作ったオペラである。
トルコの軍楽隊が使う太鼓やシンバルなどの打楽器が使われ、また、長短調が繰り返され、
エキゾチックな雰囲気をかもし出して、大成功した喜劇(シングシュピール)。

トルコと言えば、ケバブ!
多摩ユースの小学生チームは、この春のドイツツアーでこのケバブをおなかいっぱい食べました。
いろんな思いを詰め込んで、横浜みなとみらい公演初演奏のこの曲は、
軽快にそしてたくましく、きりりと演奏され、多摩ユースの演奏も大成功となりました。

続く、ハフナー交響曲は、実はイタリア人気質の雰囲気もあるザルツブルグの人々の魂を燃やす熱い旋律で始まっている。
マエストロからは、「冒頭から熱狂的に」と指示を頂いていて、メンバーズは、コンセントレイションを高め、勢いよく、冒頭の飛躍に臨んだ!
モーツァルトも「火のように奏されねばなりません」と注文している。
この冒頭の熱狂の2オクターブは、なんとなく棒高跳びのようなイメージを
浮かべてしまうが、みなとみらいでの演奏では、見事に、翔んで
で会心の演奏となりました。

2楽章はよく、単純・簡潔と巷の解説書にあるが、練習を重ねるうちに、この楽章は実に美しく、
エレガントで洒落れた音楽であるということが分かってきた。
そして、多摩ユースメンバーズは、このモーツァルトならではのおしゃれな美しさを、今村先生の魔法のタクトに操られて
ホールいっぱいに繰り広げました。
まるで、ルーマニアの選手が新体操でリボンを操るがごとくの
洗練されたしなやかさ、
弦の溶け合った響も、とっても良い気分。 
まさに多摩ユースならでは・・でした

3楽章メヌエットの表現は日本人には苦手なのかも知れない。
合宿でも、表現に苦労しました。
しかし、この根拠と克服方法をマエストロから教えていただき、本番では見事に美しいウィーン風3拍子をご披露。トリオも上手くいき、型どおりのメヌエットが整然と奏され、
プレストの4楽章に突入。
モーツァルトの注文は「出来る限り速く!」です。
メンバーズに、アマデウスがのり移り、歓喜と元気と軽快さに満ちながら、
チェロもベースもすごい勢いになって、一気に駆け抜けました!

会場からは、「ブラボー!」とたくさんの拍手を頂き会心のハフナー交響曲となりました。
「ありがとうございましたぁ」

いよいよ石田さまのベートーヴェンに続く・・

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

多摩ユースオーケストラ定期演奏会その2/ゲスト石田泰尚さん

9月17日(敬老の日)

程よい緊張感と豊かな響に満ちたGP(リハーサル)が終了。
メンバーズが程よく興奮しながら、クールダウンしつつ袖にもどってきた。
開演までの1時間ちょっとの時間で英気を養い、精神を集中させさらに
気持ちを高めて本番を迎える準備。
   ・・・ステージを離れると元気にワイワイと
おしゃべりをしながらの楽しい時間、そしてお弁当を頂きながら
次にやってくる大きな大きな得体の知れない「希望と期待」に
包まれて気持ちは嬉さでいっぱいです。

マエストロ今村先生も石田泰尚さんも楽屋にもどられた。
ヨーロッパの名だたるコンサートホールでタクトを振られておられる
マエストロはこのみなとみらいの楽屋がとてもお気に召したようで、くつろいだご様子。

一方、 ソリストの石田泰尚さんは、朝のベートーヴェン顔から、
今度は、モーツァルト顔に変わったような印象で、だった楽屋は、(火事でありません)

今は、静かに沈静し神秘的な空気さえ漂っている。
「あ、少し、寝させていただきます。」とおっしゃられたので、
コンツェルトの時間まで、石田さまのお部屋は・・封印されました。

1時開場。お客様、お待たせいたしました
10分すぎたころから、ロビーコンサートが始まりました。

かなりの人だかりで、「お客様、すみません、通路をお空け下さい・・ペコ」と
会場整理に扮し、ちゃっかり鑑賞。
多摩ユースらしい軽快で小気味の良いモーツァルト ディヴェルティメント(Ddur)の演奏は、
開演前に相応しく、
心温まるウエルカムコンサートとなりました。

開演5分前。お客様も、揃い始めました。
袖に駆けつけると既に、黒蝶ネクタイをきりりとした小中学生メンバーズは、
小さな楽団員として、プロのオケメンように、堂々と待機している。
銅鑼が鳴り響き・・
舞台ご担当のみなとみらいの真々田さま(ちなみに多摩市在住)が「時間通りに開演ですか?」
「はい!、時間通りにいきましょう!」と、クイックレスポンスで気合を入れ、
いよいよコンサートの開演時間です。

続く・・・

石田泰尚さんとの定期演奏会その1

9/17 第21回公演「第11回定期演奏会」
13:30開演 横浜みなとみらいホール大ホール

 モーツァルト 歌劇後宮からの逃走 序曲
 モーツァルト 交響曲第35番 ハフナー
 ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲ニ長調 
 指揮 今村能先生  
 ソリスト 石田泰尚さん
<石田さんとは1997年に初共演して以来、今回で4回目のジョイントです>

アンコール 石田さん  アイルランド民謡 「ロンドンデリーエア」
アンコール 多摩ユース ベートーヴェン 
            アテネの廃墟より「トルコ行進曲」


多摩ユース21回目の公演にしてはじめての横浜進出公演です。
一日のイメージをすべて頭に描き、本日の成功を信じて
9時に みなとみらいホールに入館。
舞台班・ロビー班・楽屋班と3部隊に別れ、10時のGP開始を
目指して みんなで行動開始。 
ハイパーチームワークで予定どおりにどんどん進み、ステージは
いすも譜面台もすっかり美しいラインに並べられている。
ドイツでの、混沌会場設営の体験が見事に発揮され、さすが!
9:55 メンバーズはバッチリ着席して、準備万端です。
いよいよ、立派なパイプオルガンを擁する日本が誇るこのみなとみらいホール大ホールにて、
多摩ユースの音楽と響が奏でられるのだ!
広いステージに、キラキラと輝きながら、ちょっとドキドキ、
でも凛として、マエストロの登場を待つメンバーズの姿に、
胸が熱くなってくる。

素晴らしいホールでの前半の練習は順調に進み、既に、これまでの練習で築き上げた以上の音楽が出来上がっている。本当に素晴らしい響である。
ヴァイオリンの吉野先生も「気持ちいいですねえ~」と感嘆されている。
ちなみにこのホールの設計者は多摩市在住の建築家だそうだ。

楽屋班から、「ソリストの石田泰尚さんが楽屋入りされましたぁ」との連絡が入ったので、楽屋に行き、ドアを少しあけて覘いてみる。(もちろん、「おはようざまーす、」と言うために)
wwうお~ なんかものすごいオーラです。
既にベートーヴェンモードに入っていらっしゃるようでドアをそのまま開けられない空気。
深呼吸して、「そうだ、ここはまさに、運命が扉を叩く時だ!」と意を決して
石田さんが神奈川フィルの時にも使っておられるであろう楽屋のドアをノックしの中へ。

いよいよベートーヴェンのリハーサルが始まります。

石田さんとは、今日までに、3回も合わせ練習をしていただきました。
そして、日ごとに、オケも石田さんもどんどん進化して、前日には見違える演奏となった。
マエストロが「あきらめてはいけない・・」と最後にポツンと言われたのが印象的だった。

コンツェルトリハも順調にすすみ、まことに素晴らしい状態になって来ているのが分かる。
本番に期待を寄せて、気持ちの良い響のGPが終了しました。

明日に続く・・・
20070920015611.jpg

フリーエリア
プロフィール

たまゆーすけ

Author:たまゆーすけ
●多摩ユースオーケストラです!

*問合せや入団申込はメールでどうぞ♪
メールはこちらからどうぞ

ホームページはこちら
です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
占い
カテゴリー
アナログ時計

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。