スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ演奏ツアーの説明会報告 その3

24日に行われたツアー説明会報告の続きです。
コンサートや質問コーナーでの質問応答は、前に書きましたのでご覧ください。お気づきのことや不足点、それから、ご存知のことがありましたら、コメント(↓にありますのでクリック!)に書き込んでくださいね。

さて、質問コーナーではさらにいろいろなが出ましたね。

①費用について・・
Q: 50人以上の参加費用が提示されていますが、50人未満の時はどうなりますか?。(お父様!よくぞ、訊いてくださいました!最初の提示は25万円超だったので、交渉したら50人になればとのことで値下げしていただきました。よって提示費用は死守したいところ
A:50人が1台のバスで移動できるmaxなので50がベスト。50人を越えるとバス2台、添乗員2名となる。(ゆったり出来ていいのでは?と思うのは自分だけでしょうか?)
50人未満のときは、再検討になりますが、おそらく、このままでいけるのではと思います・・と垣沼さんはおっしゃいました。
・・はい、そのようにお願いしまっす。とはいえ、参加人数も増えてきましたので、50人をめざしましょう

②Q:ワークショップでのコーチや現地でのエキストラにギャランティは発生しますか?それはこちらの負担になりますか?
A:1人20€(1€148円)ほど支払いますが、負担はありません。
(なお、多摩ユース同行指揮者への謝礼は、一人1万円くらいのご負担になりますので、こちらはご了解ください。

③Q:両替などはどうなるのでしょう。お小遣いはいくらくらい?
A:1.両替パックみたいなものがあります。これは、旅行に必要と思われる金種が程よく取り揃えられていて便利です。(が、個人的海外経験では一度も使ったことはありません。)
2.事前に銀行で、必要なだけ両替しておく。ただし、円⇔€両替ができる銀行は限られていますのでご注意ください。ちなみに多摩センター、永山あたりでは€ユーロの両替は出来ません。
3.成田で両替できます。混んでいるときもあるし、空いてるときもある。時間に余裕を持って両替してください。
いづれにしても、自分で金額を決めて両替をします。また、後日(12月くらいまでには)、経費以外にかかる費用と、食事や一般的なお土産品の値段など(お小遣い)と通貨の見本をリストにしてお渡ししますね。
参考にしてください。&いつでも、ご相談してください。
4.ヨーロッパの都市ではを持参していれば、ホテル、街角などどこでも両替が可能ですが、今回は、訪問する街があまり大きくないことなどもあり、€メインでお願いします。
今日は、費用関係のことが中心になりましたね。

だらだらと長くなってしまったので、気候や服装そのほかのことはまた次回に書きます。

↓欧州のCDショップにて(2005)   ↓陶器の素敵なお人形や置物
(現地ならではの品揃え!)       (ドイツのショップ)
CD.jpg   doll.jpg

スポンサーサイト

ドイツ演奏ツアー説明会報告 その2

9月24日 ドイツ 演奏ツアー説明会報告その2

エージェントの垣沼さんから全行程についてのご説明がありました。
コンサートについては、昨日のブログに記しましたのでご覧ください。
そのほか、ホームステイや旅行に関することは、質問コーナーでいろいろと話題が出ましたのでイメージが出来てきたことと思います。
では、質問のいくつかをご報告します。

①Q:傷害保険についてはどうなっていますか?
 A:事故・病気・楽器の任意保険については、垣沼さん(エージェント)が、まとめて申込みを受け付けてくれる。
楽器保険は査定が必要なので、2ヶ月前くらいにまとめて申し込みします。
もちろん、個人で任意保険に入っても大丈夫です。
また、外国製楽器の海外持ち出しについて、出発時に申請が必要というお話もありました。該当する方は要チェックです。自分の楽器が、どこで作られたのか、確認しておいてね。

②Q:テロに関連してシャンプーなどの液体物のチェックはありますか?
 A:ありません。ドイツは大丈夫です。
なお、スーツケースは22,3キロまで、機内持ち込みは7キロ限度を目安に。ビオラまでの(サイズの)楽器は機内に持ち込めます。

③Q:ホームステイはどのようになりますか?
 A:アーレンスブルグではホームステイします。2人ずつが基本。
組み合わせについては、年齢、性別、食事やアレルギーなどの調査表を出していただき、希望を取り入れながら、調整していきます。練習会場への送迎などもホストファミリーがしてくださいます。
言葉が通じなくて最初は大変かも知れませんが、すぐに慣れ、最後には、心が触れ合ってお別れには、大粒の涙・・・。ホームステイではほんとうにかけがえのない時間を過ごすことが出来ますよ。
日本出発の1月前くらいには、ステイ先HFの家族構成や住所、お名前をお知らせすることが出来るでしょう、とのことでしたね。
ホームステイはしないで、ホテル泊の場合には追加料金になります。1泊7~9千円。

④Q:ホストファミリーへのお土産はどんなものが良いでしょう?
 A:高価なのもではなく、ちょっとした日本的なもの、扇子とかうちわとか。そのほかに、持って行ったほうがよいと思われるものは、コミュニケーションに役立つ写真(自分のものや、日本の風景など)。料理なども喜ばれるでしょう。

⑤Q:全行程参加できませんが、大丈夫ですか。
   ・遅れて参加 ・先に帰る ・延泊  ・・・など
 A:物理的には可能です。航空券なども垣沼さんが手配してくれる。
ただ、移動については、個人的な動きになるので、乗換えなどについては各自で分かるようにしておくこと。

・・長くなってきたので、今日はこの辺で・・。
以上のことで、気づいたことはコメント入れてください。
明日は、通貨や、洋服、気候などについて報告しますね。
通貨は『€』 と言われているのに 「『$』使えますかあ?」とな質問をしてしまった人の言い訳も明日にしますね。ではでは。
20060927002955.jpg  031-1.jpg
↑BERLINER PILSNER &          ↑ベルリンの子どもたち とっても
 ストローで頂くノンアルコールビア      人なつっこく可愛い
 ベルリンのレストランにて           です。

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

ドイツ演奏ツアーの説明会 その1

9月24日に多摩ユース『ドイツ/アーレンスブルグとハレ演奏旅行』の説明会が開催されました。団員と保護者の方々、マエストロ、合わせて50人以上の皆さんが集まり、ジョイントコンサート代表垣沼さんのお話を聞きました。
お話が進むにつれてわくわく感が増幅してきました。小学生ボーイズは身を乗り出して聞いています。「物理的には・・」という垣沼さんのお話がありましたが今日のところは、ホームステイやコンサートなど夢のような内容にみな想像をめぐらせているようでした。

・・ではまず、現地での『コンサートやワークショップ』などについて、ちょっと整理してみます。

アーレンスブルグにて/ホストはアーレンスブルグユースオーケストラ=ホームステイ先もオーケストラメンバーの家庭が中心になります。】
●①シュトールマンギムナジウムスクールコンサート
♪多摩ユースによる30分くらいの単独演奏
<15分くらいのものを2曲(内1曲は邦人作曲家による曲)>
スクールの生徒さん350人が鑑賞(この学校は小中高校生1000人ほどが学んでいます。)

●②日独親善青少年オーケストラコンサート
♪アーレンスブルグシュトールマンギムナジウムで音楽を学ぶ生徒によるオーケストラ演奏(4,50分くらい)
♪多摩ユースオーケストラによる演奏(4,50分)
(前日と同じ曲のほかにも演奏)
ホストファミリーや地元の皆さんなどが鑑賞する一般的なコンサートになります。

ハレにて/ホスト ハレ国際ユースオーケストラミーティング・ハレ音楽院】
●③フレンドシップコンサート
♪国際ユースオーケストラミーティングに参加するアメリカ、ドイツ、と多摩ユースの各オーケストラがそれぞれ単独で演奏を披露。
各団体30分くらい。多摩ユースは邦人のものも演奏。(①と同じもの)
会場は「ヘルフタ修道院」です。
ここで、初めて、ミーティング参加の各国オーケストラと主催者(ハレ音楽院=ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデル音楽院)が出会います。
オーケストラの自己紹介などがあります。

●④ワークショップ
フレンドシップコンサートで演奏した自国の曲を、このワークショップで、マエストロが他の国のオーケストラに教え合奏します。
メンバーが各国ミックスすることもあります。
練習した曲は、翌日のファイナルコンサートで演奏します。
このワークショップが行われる日の夕食は、各国参加者との交換夕食会となります。食後は、モリツブルグ城で交流会が予定されているそうです。

●⑤ワークショップとワークショップコンサート(ファイナルコンサート)
ワークショップで練習した曲と、
そのほかに、新たな15分くらいの曲を各オーケストラが演奏。
(フレンドシップで演奏した①とは違う曲)
会場はウルリッヒ教会の専用ホールです。
響きも素晴らしいホールです。
楽しく素敵なファイナルコンサートとなることでしょう。

◎ワークショップで練習する曲は、事前に、楽譜を提供しあって、出発に先立って、練習できるように準備します。
◎ドイツで演奏する以下の曲の楽譜は、準備が出来次第、配布します。
楽しみにしていてください!!
(▼邦人作曲家の曲 15分 ▼任意の15分くらいの曲2曲 
 ▼アーレンスブルグ日独親善青少年オーケストラコンサートでの30分くらいの曲  =合計 最低4曲)

以上、長くなってしまいましたがコンサートについてのメモ書きでした。今後変更があるかも知れませんが、コンサートはこんな感じと思ってよいでしょう。演奏や交流の機会がたくさんあり嬉しいですね。多摩ユースオーケストラならではの演奏ツアーとなることでしょう。
明日は、質問コーナーでの、いろいろな話題を報告します。





テーマ : 音楽ニュース全般
ジャンル : 音楽

佐渡裕さん指揮のコンサート案内(優待)

『佐渡裕指揮兵庫芸術文化センター管弦楽団』

師バーンスタインが果たせなかった宿命のシューマン2番を、
愛弟子・佐渡裕さんが師への思いをこめて渾身のタクトを振ります!

9/26(火)19:00よりサントリーホールで開催!!

このオーケストラは阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして2005年10月オープンした兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラです。
世界各地のオーディションで選ばれた35歳以下の若手演奏家で構成され、佐渡裕さんの指導のもと研鑽を積んでおり、国内外からも注目を集めています。

今回のデビューコンサートでは、シューマンとブラームスの交響曲第2番を演奏。

また、今回のコンサートマスター朝枝信彦さんは、ドラゴンクエストコンサートでコンサートマスターを務めたり、2年毎にフランス、イギリス、イタリアなどでリサイタルを開いたりと、国際的に活躍しています。


お求めいただきやすい特別料金だそうです。
どうぞこの機会に話題のオーケストラをお聴きください。

ご希望の方は、メールにて、多摩ユース事務局までお申込みください。
(締め切り 25日月曜日)


S席¥6,000 を ¥3,000
A席¥5,000 を ¥2,500

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

フリーエリア
プロフィール

たまゆーすけ

Author:たまゆーすけ
●多摩ユースオーケストラです!

*問合せや入団申込はメールでどうぞ♪
メールはこちらからどうぞ

ホームページはこちら
です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
占い
カテゴリー
アナログ時計

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。