スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管弦楽入門DVD編集チェック

編集機器の不具合で遅延していた5月3日公演「管弦楽入門2006」のDVDが送られてきた。
連日の過密スケジュールですぐには見られなかったが、やっと時間が出来てチェックする事ができた。

オープニング、こだわりのフラッシュ(?)で多摩ユースオーケストラの文字が浮き出てきた!うわぁ、かっこいい!・・と見ていると、ご登場!そうです、青島先生です。
今回は編集がこれまでよりさらにグレードアップしていて、まるで、「題名のない音楽会・・」などクラシックTV番組のような出来映えだ。カメラアングルも、ばっちりソロ奏者にフィットしていて微細な表情も捉えて臨場感あふれている。
「イソップ動物記」はかなりの出来映えだったと改めて実感。
続く、チェロコンチェルトも谷口さんの熱演が素晴らしい。
2楽章のテロップが5秒ほど遅れているのを見つけた。

第3部の「ジュピター」「威風堂々」でもメンバー一人ひとりの表情がよくわかり感動が蘇ってきた。

エンディングロールBGMには、チェロコンチェルトの3楽章を入れてもらうよう指定しておいたのだが、なかなか良い雰囲気に仕上がっていてほっとした。

今回もスタジオ・ハムのさこださんの素晴らしいテクニックで会心のDVDが完成!
それにしても、これだけの数のアングルをたった一人で撮ってしまうさこだサンは、ほんとにすごい人!と今まで以上に敬服です。
(次回も来て下さるのでどんな方か見てみてください!)
ありがとうございました。

訂正後の2楽章のテロップ(表示に時間がかかるかもしれません)

それでは、みなさん、DVDをどうぞお楽しみに!

★ご注文はメールでどうぞ。どなたでもお求めになれます。
 1本 ¥4300 (団員は¥3800)
スポンサーサイト

テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

ジュピターの演奏

今日はアミュー立川にて今村能先生指揮のモーツァルト「ジュピター」と「レクイエム」を聴きました。
ジュピターの演奏の導入は理路整然と進められ、2,3楽章も、ゆったりと落ち着いた構想となっていたように思いました。
しかし、4楽章に入ると徐々にそれまで抑えていた魂が燃えて今村先生独特の情熱があふれ出て、身を乗り出して聴くようなモーツアルトとなりました。先生の指揮はこの曲に必要なすべてを要求し、そして、オケは応え、整然として熱いジュピターが具現化されました。
素晴らしかったです。
後半は、レクイエムでソプラノ、アルトのソリストの方々が好演でした。合唱団の中に、多摩ユースのひげ熊さんがいて歌っていらしたのでびっくり!しました。
終演後、聴きに来ていた多摩ユースメンバーのK兄弟と、今村先生を訪ね記念写真を撮りました。
お疲れ様~でした。
20060724004443.jpg

この花束は昨年の今日、多摩ユースメンバーからいただいたサプライズの花束です。練習後に演奏もしてくれて感動でした。報告のチャンスがなかったのですが今日お見せする機会があってよかったです。ほんとにありがとう・・。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ハウスリークでの演奏

ピザハウス「ハウスリーク」の開店20周年に招かれて
多摩ユースストリングメンバーズ有志が演奏しました。
7/21 ハウスリークにて
1st stage  18:30~
2nd stage  20:00~

バッハ、モーツァルト、チャイコフスキーの名曲に加えて
メンバーの一人 ヒデ君アレンジのディズニーファンティリュージョンも
演奏しました。
とても素晴らしいアレンジで、それぞれに聞かせどころのソロがあり
ワクワクするような演奏になりました。

お店は、落ち着いた色調のログハウスで出来ています。
店内にはテディベアや小物、アンティークな家具などが
コーディネイトされていてとても素敵です。
天井を見上げるとハリの上に1mくらいのおおきなベアのぬいぐるみが
2つ座っているんです。大きさと可愛さにびっくり!

このログハウスにみんなの弦楽器の響きが溶け合って、
素敵なコンサートとなりました。
演奏後に店長さんから美味しいピザをご馳走していただきみんな
笑顔でいっぱいになりました。
最高に嬉しい一日となりました。
ありがとうございましたぁ!
お疲れ様でした。
 20060723093108.jpg 20060723093135.jpg 20060723093152.jpg

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

トランペットの響き

窓を開けると風に乗ってかすかに素晴らしいトランペットの響きが聞こえてきました。
どこで?誰が?吹いているんだろうか?力強い音です!
思わず外に飛び出して惹きつけられるように音に向って歩いて行くと・・
近づくにつれて怒涛のような声援とブラスバンドの響き
たどり着いたところは・・夏の甲子園予選会場のグラウンドです。

対戦ボードを見てみると「都立国立高校と明大中野高校」
ウワァ~ どちらも多摩ユースメンバーのいる高校です。
グラウンドの周りは「ダダ見」が出来ないようにネットが張られて
いましたが、何とか、隙間(^^;)から応援することに・・。
・・わっ いきなり国高4番バッター ホームラン!!
ホームランの音って、間近で聞くとなんて心地よい響きなんだろうと
気がつくと飛び跳ねながら万歳をしていた。(汗;)明大高校の活躍も
素晴らしく攻守ともにまさに熱闘

トランペット演奏は相変わらずかなりの腕前で空に向かって高らかに
鳴り響いていました。
2,30分の観戦でしたが選手たち 応援席のみなさんの熱さにすっかり感動。

一試合前の敗戦チームとすれ違いましたが、憔悴の中にも精一杯の試合
のあとのすがすがしさも感じ、「明日という未来に向ってまた前進しよ
う!!」と心の中で叫んでしまいました。(^^;)

都立国立高校VS明大中野高校は 2-8で明大中野高が さすが
シード校ということで祝!3回戦に進みました。
20060718103359.jpg 20060718103418.jpg

↑隙間から・・        ↑残念、でも明日があるさ

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

チラシができました!

多摩ユース 秋定期のチラシができました!
多摩ユースメンバーのエネルギッシュなステージ
今村能先生の凛々しい指揮棒 そして
美しくてすごい!川久保賜紀さまの笑顔
黒が基調のピリッとした仕上がりです。(今回は4校)
20060718094957.jpg

プロデューサーとしては、やや大人の雰囲気で落ち着いて
しまったかと心配しましたが
スタッフSさんや技術部Wさんほかみなさんに
「ブラームスとチャイコフスキーなんだからこのくらい
引きしまってないとね・・。とってもはっきりしていて良い!・・」
などなどのご感想をいただき、ひとまず安心!
たくさんの方に配って、5月公演に続き満席を目指しましょう!
チラシはたくさんありますので、みんな、持っていってね。

多摩ユースオーケストラの公演
「第10回記念定期」
10/15(日)14:00 パルテノン多摩大ホール
チケット販売所(予約)ぴあ 0570-02-9990
          TYOチケットサービス 042-371-1558
          チケットパルテノン で発売中!
お早めにお求めくださ~い!

テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

川久保賜紀さんのショスタコーヴィッチ

先日、サントリーホールで川久保賜紀さん
生誕100年ショスタコーヴィッチヴァイオリン協奏曲を聴きました。
指揮は ドミトリ キタエンコさんです。

川久保さんの演奏は、キタエンコさんの温かさに包まれながら
かなり洗練され上質感があふれ、聴く人の気持ちを
200%満たしてくれる極上のショスタコーヴィッチでした。

1楽章のメディテイションのように無限に続く旋律は、
過去に聞いた多くは不明瞭で重苦しく感じましたが、
賜紀さまの演奏は、冒頭から はるかかなたの光!を感じさせる
確実で力強ささえ感じさせてくれる崇高な旋律だったのです。
これはほんとうにすごい演奏だ!と思いました。

2楽章も1楽章との違和感もなく軽快に諧謔的に演奏され、
圧巻は3楽章のカデンツァ!と続く4楽章のパッサカリア

すべてを通じて見事な技巧と感性から表現される演奏は
深く心に残りました。
演奏が終わったあとも、満場の聴衆から、ブラボーと拍手が鳴り止まず
なんと7回もコールで登場されました。
演奏中の表情と、コールの人懐っこい笑顔が対照的・・・
川久保さんのプロフェッショナルに改めて感銘しました。

帰りに、楽屋に伺って、賜紀さんと少しお話しさせていただき
感激の大きな荷物をしょって多摩に戻ってきました。

10月にはこんなに素晴らしいヴァイオリニストを
多摩ユースにお迎えします!
ユースメンバーとの『チャイコフスキー』大いに期待いたしましょう!
皆様もぜひ、聴きにいらしてくください!
賜紀さんとお待ちしていま~す!

【10/15 パルテノン多摩大ホール ¥1800自由席 
   ☆ぴあ好評発売中 お早めに】





テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

ショスタコーヴィッチ

今年はviva!モーツァルト生誕250年でありますが
「1906年生れ20世紀最大の作曲家(のひとり)」
『ショスタコーヴィッチ』の生誕100年アニバーサリでもありますね。

ショスタコーヴィッチは
ロシアサンクトペテルブルグ生まれでマーラー以降の最大の交響曲
作曲家としての評価がほぼ確立され、現在ではベートーヴェンや
ブラームス、マーラーらと並ぶ交響曲の大家として知られています。
特に5番のシンフォニーは演奏される機会が多いですね。
以前、佐渡裕さん指揮で、この5番を聞きました。
このときのコンマスは多摩ユースでもおなじみの
石田泰尚氏だったのですが、なんと、熱演中に2回も弦が切れ
伝説の5番となりました。
石田さんのあのダイナミックな演奏では納得できることだと思いますが

ショスタコーヴィッチ独特の戦争の抑圧、粛清からの開放という重く
深く熱い内面が押し出される印象深い演奏でした。

最近(のショスタコーヴィッチ)では、サントリーホールで、キタエンコ氏指揮の
ヴァイオリン協奏曲を聴きました。
ソリストはこれまた!われらが『川久保賜紀さま』です。

この演奏についてはまた明日書きますので、また来てください!
ではおやすみなさいzzz。

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

デスノートほか

とっても怖くて、しかしファンタジー!
以前(・・すみません、昔です、、パルテノン多摩にて
平成ガメラについての) トークステージを
ご一緒した金子修介監督の映画death noteを見ました。
好きだったところは、fullCGリュークの登場です。
このお話は、死神の登場なしには語れません。
死神はファンタジーとして描かれ
ほほえましさも感じこの非日常を日常的に
しているところが不気味でした。そして
CGなのに現実味が不思議なリュークの
一挙手一動が心に残りました。
L松山ケンイチ君のおかげで、帰りにポテトチップスと
ケーキを買い込んでしまい、すっかり同化して
食べてしまったことはデスノートより恐ろしい現実となりました。

なお、最近見た映画はどれも面白かったです。
ダヴィンチコード(原作読んでいたのでホッ)
嫌われ松子の一生(これから原作を読んでみようか・?)  
不撓不屈(高杉氏の傑作!たしか今年、中井貴一氏!主演「燃ゆる時」という高杉氏作品も見ました。)

そして今は・・
多摩ユースのみんなも大好きなジャックスパローにまた早く会いたい!!です。
(一昨年の多摩ユース合宿での”(終わらない)カリビアン”の大合奏が懐かしいですね。
(本日はこの方の↓来日で成田空港は大変だったみたいですよ
dip.jpg

ファンティリュージョン!

7/8 ピザハウス「ハウスリーク」ディナーコンサートの練習

多摩ユースが「ハウスリーク」さんの開店20周年記念で
演奏することになり、今日は、そのための練習をしました。
10人の有志メンバーがそろい早速練習開始・・。
曲目は、メンバーの一人S君アレンジのディズニーファンティリュージョンです。
S君の力作で、なんとパートは10人用に10パート!
第1~第3バイオリンがⅠ、Ⅱ、Ⅲと分かれて
まるでバッハのブランデンブルグ協奏曲No.3のようになっていて
それぞれがソロで演奏できるようにアレンジされています。
すごいですねぇ
光と幻想を思わせるファンファーレ、聴き応え十分です。

譜面とスコアはPCソフトでとてもきれいに印刷されていて
T君の「スコア見せてください」とのクールな要望にもすぐ
応えられるようになっていました。
みんな初見でしたが、「ソロがあって嬉しい!!」と
生き生きと演奏して楽しいアンサンブルになりました。
多摩ユースマジックできっと素敵な
ハウスリークディナーコンサートとなることでしょう。
お疲れさま~!

「ハウスリークコンサート」ディナーつきチケットは完売!
いたしました。
20060709233648.jpg

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

スーパーハイデッカー

「多摩ユース夏合宿」その2

昨年は宿泊地高尾にて現地集合でしたが、これまでは毎年、
宿舎への交通は貸し切りバスを利用しています。
楽器も積み込んでいくので、参加人数が多いときには
大型バスを2台チャーターしてオーケストラの大移動。

脅威なことに、多摩を出発と同時にテンションが上昇し、
国立府中インターに入る前には、これから合宿で演奏する曲が
大音響で流れ、いきなり音楽漬け状態

ベートーベンやドヴォルザークのシンフォニーを思いっきり
浴びながら一路、河口湖へと。
・・・こ・と・し・は・・  
   「ブラームス一番とチャイコフスキー、モーツァルト」!
重量級ですねぇ・・

ということで、快適なバス中音楽鑑賞のために
スーパーハイデッカー!!をチャーターしました!
(写真をクリックすると拡大します)
皆さん、道中も思う存分ブラームス様に浸ってくださいね。
20060707191119.jpg

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

及川浩治さんのピアノ

鎌倉芸術館にて及川浩治さんのピアノリサイタルを聴きました。
及川さんは2002年に五嶋みどりさんと多摩ユースを
訪問してくださり、演奏もしてくださいました。
その後、2005年7月に東京劇術劇場で多摩ユースのみんなは及川さんと再開!
076-1.jpg


今日はファンの一人として、3月の「6人のピアニスト」に続き
及川さんのリサイタルを聴きに鎌倉まで行ってきました。
車で多摩からルート16号、保土ヶ谷バイパスを駆け抜けて1時間半で到着。フー。

プログラムは『新・ショパンの旅』でオールショパン。
ショパンの華麗で孤高な生涯を及川さんが
語りながら演奏を繰り広げるという内容です。
リストやジョルジュサンドとの出会いや、ポーランドからの亡命など
輝きと苦悩の人生を見事に及川さんは表現され、感動しました。
バラードやノクターンはもちろんのこと、マズルカも胸が熱くなるほど
素晴らしい内容でした。
時にため息や激しい息使い、足を踏み鳴らす音も激しく!会場に響き
渡り、まさに及川ショパンワールドで感激!でした。
皆さんもぜひお聴きください!

テーマ : 気になるアーティスト
ジャンル : 音楽

リニューアルされた宿舎

『多摩ユース夏合宿!!』その1

今年も恒例「熱闘!多摩ユース合宿」が近づいてきました!
今年はまた河口湖畔宿舎で行います。
毎年、合宿後のアンケートで、
「合宿で一番印象に残ったことは何?」という質問には
納得させられたりびっくりさせられたりの答えがあって 汗;

「ご飯」という答えは昔からの定番ですが
毎回見るたびに爆笑です。
美味しかったのか、良くなかったのか
みんなと一緒が楽しかったのかな、食事当番のこと?などといろいろ考えますが
合宿で「食事が楽しい!」ということは、
全体の充実度を計る重要なファクター。

今年は重量級の曲目ですから、しっかり練習して、
そして食事は楽しく美味しく出来たらいいですね!

お食事-練習-お食事-練習-お食事・・・(↓2005Summer Camp)
20060705201412.jpg 20060705201457.jpg

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲

多摩ユース待望の「チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲」の練習が
今日から始まりました。
これまでの選曲アンケートでも圧倒的な人気曲、
すでに一人ひとりがワクワクとソリストのように気持ちよく演奏し、
先生の説得力のあるご指導に応えて
熱いリハーサルが繰り広げられました

川久保賜紀さんのソロヴァイオリンの演奏とみんなの競演が
目にぐるぐると浮かんできました!

これからがますます楽しみですね!

3-4.jpg



・・本日、特筆すべきは ディレクターKパパの「小淵沢のおみやげ」
休憩時間にリフレ~ッシュ! 後半の練習はさらに冴えていました!
ごちそうさまでした~


2-1.jpg  2-3.jpg

↑頼もしい小学生楽員の皆様

テーマ : ヴァイオリン
ジャンル : 音楽

写真が出来ました。

おはようございます。しばらくブログをお休みしていましたが
7月からリニューアルして また少しずつ、
多摩ユース関連を中心にUPしていきます!

5/3公演の写真が出来ました!
練習会場に展示しますので見てくださいね。
では早速 全体写真をご覧くださ~い!
青島先生のイソップ、
谷口楽典先生のエルガー チェロ協奏曲
そして、ジュピター、威風堂々と すべての感動が蘇りますね。

(コンサートにいらっしゃれなかった皆様、ぜひ次回公演
多摩ユースの感動の演奏をお聴きください)

060503-1.jpg

テーマ : 楽器の練習
ジャンル : 音楽

フリーエリア
プロフィール

たまゆーすけ

Author:たまゆーすけ
●多摩ユースオーケストラです!

*問合せや入団申込はメールでどうぞ♪
メールはこちらからどうぞ

ホームページはこちら
です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
占い
カテゴリー
アナログ時計

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。